fc2ブログ

線路際SKETCH

ファインダーを覗けば、そこにはいつも鉄路が続いている。

さよならハワム


ワムといえばWham!
Wham!といえばラストクリスマス。
昨年は自分の住んでいるエリアでは全くホワイトクリスマスにはならず。
プレゼントは上野ロングでした。合掌

_DSC4791RAW現像_1AA低解像度A

冠雪した焼石連峰を背景に最後の旅路。
撮影日が12/24か25ならオシャレなジョークにはなったかもしれませんが
電車ヲタクな皆さんには周知の通り、先日の盛岡ワムハチ+スユニ廃回。
個人的にはワムハチは実車よりもNゲージでの印象が強いです。
初めて買ってもらった800円のワムハチをずーっと卓上で転がしていた。
あの時が人生の分岐点だったのか・・・?

ジョージマイケルも亡くなり、いよいよワムは楽曲と思い出の中へ(錯乱)
スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/11(土) 18:19:12|
  2. みちのく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8年。


私生活でいうと長いようであっという間。
でも忘れられない、忘れてはいけないあの日。
震災一連の影響は未だに続いているけど、一歩一歩進んでいることを
目の当たりにしたほうがいいなと思い、常磐線最後の不通区間である
富岡〜波江間の復旧試運転に出向くことに。

201912171242.jpg
敷き直された富岡駅へのアプローチ。
この高台から見下ろせた街並みは一瞬で更地へ。

_DSC3947RAW現像A低解像度

201912171305.jpg
かつては街や田畑、小さな漁港が点在していた太平洋側。
駅が復旧し交通網がようやく繋がっても、寂しい風景が続くことに変わりはない。

201912171407.jpg
帰宅困難区域の境目を慎重に走る重単。
目と鼻の先にある被災の現状。とりあえず全線復旧は見えてきたとはいえ、
かつての故郷、街並みの景観、そして生活が成り立たなければ復興の完遂とは言えまい。

それでも何かしらの手段で駅に訪れ、
かつての地を踏めることにどれだけの意味があるか。
信号待ち以外停車することすらできない国道6号線から眺めるより、
遥かに出来ること、想うことは多いはず。
完全新築の、一見不気味だと揶揄される駅舎や住宅街だって、10年20年経ち
そこに住まう人々からすれば、立派な誇れる故郷だと言えるのではないか。

そんなことは思いながらこの日は"星"を追いました。
2011年の春先に、"つなげよう日本"の新聞全面広告の意味や重さが
また今となっても沁みる。。

全線復旧が被災地復興支援への"星"となりますように。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/22(日) 18:48:29|
  2. みちのく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらば東北式国電


小学生の頃磐西で乗車したっきり、拝めることのできなかった東北交直流国電
最後の生き残り、もとい骸が令和最初の盛夏 帰らぬ旅に

201908071349.jpg

妙に頑丈に作られてるスカートがなんだか滑稽で面白い顔だな〜と
思いつつ、これで東北地域間輸送の生き証人がまた一つ消滅したんだなと感慨にふける。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/08/07(水) 19:32:13|
  2. みちのく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

0キロポスト

Author:0キロポスト
鬱乃宮から東京迷宮へ

<カメラ>
D40
D700
D850
F
F3/P

<レンズ>
nikkor
20mm f3.5
35mm f2
55mm f1.2
135mm f2.8
AF-S 18-55mm f3.5-5.6G
AF 80-200mm f2.8D

TAMRON
SP AF 70-200mm f2.8 Di

SIGMA
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM
Comtemporary

<三脚>
HUSKY4段

相互リンク受け付けております。
コメント欄からどうぞ。

アクセス数

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
Re… (27)
last Passenger (29)
blue Thousand (15)
烏 (0)
みちのく (3)
不動 (1)
シャア専用 (5)
煙の行方 (1)
ジィゼル (1)

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR